新着情報

HOME>新着情報
アクセス
Hasebe Group
〒010-0921
秋田市大町4-4-21
長谷部光重税理士事務所
TEL 018-865-2441
FAX 018-823-5468
長谷部光重税理士事務所はTKC全国会の会員です

令和2年7月度シーガルクラブ

 令和2年7月25日()、「大内田」にて第463回シーガルクラブを開催しました。
 愛車のフェラーリ328GTSの車検を当クラブ会員 東章産業の吉田章二氏に依頼している福島県白河市のTKC東北会福島県支部 税理士 鈴木隆司氏より、「レースこそ我が人生」の演題で映像を流しながらお話をしていただきました。
 鈴木氏は、SAJ(日本スキー連盟)の公認スキーパトロールでもあり、また自他共に認める大の車好きでスーパーカーを何台もお持ちです。所有するだけでなく、なんとレーシングドライバーでもあります。
 鈴木氏はアマチュアのレーシングドライバーでありながら、1994年スポーツランドSUGOで開催されたカレラカップ・ジャパン第4戦で予選、決勝とも2位の好成績をあげ、更に決勝レース中にはファステスト(最速ラップ)を記録し、コースレコードを塗り替えるプロドライバー顔負けの快挙を成し遂げています。
 その後、ご自分のレーシングチームを作りGT選手権にも参戦しています。
 1996年に世界三大耐久レースの一つ「ル・マン24時間レース」に出場し総合18位・LMGT2クラス5位、また2001年の「デイトナ24時間レース」では総合12位・GTクラス8位の好成績をあげています。
 夜間コースを時速300キロを超えるスピードで激走する映像には度肝を抜かれました。耐久レースでは、チームプレイがとても大事で、またドライバーは周回を同じラップタイムを刻んで走行することを求められるとのことです。
 レーシングドライバーには、運転技術、体力はもちろんですが、時速300キロ以上のスピード走行でも動じない精神力と優れた動体視力や集中力の高さが求められると言われています。まさに常人では想像もつかない世界と言えます。
当時、鈴木氏は40歳を超えた年齢のアマチュアのレーシングドライバーでありながら数々のレースに出場し、メーカーのプロドライバーと互角に渡り合ったその凄さには感動を覚えます。

 車好きにはたまらない映像とお話でした。
(記 栗谷侑志)

| 1/98PAGES | >>

ページの上部へ
【長谷部光重税理士事務所】〒010-0921 秋田市大町4-4-21 TEL 018-865-2441 FAX 018-823-5468
Copyright HASEBE GROUP All rights reserved.