新着情報

HOME>新着情報
アクセス
Hasebe Group
〒010-0921
秋田市大町4-4-21
長谷部光重税理士事務所
TEL 018-865-2441
FAX 018-823-5468
長谷部光重税理士事務所はTKC全国会の会員です

平成31年3月度シーガルクラブ

平成31年3月23日(土)、「大内田」にて第449回シーガルクラブを開催しました。 今回は当クラブ会員の株式会社大栄木工 代表取締役 能登一志氏より、同社が2020年7月に開催される東京オリンピックのメインスタジアムとなる「新国立競技場整備事業」の一部に携わっていることから、その進捗状況についてのお話をしていただきました。

講演概要
スタジアムの外側はほとんどできており、現在は主に内部工事が進められている。設計は隈研吾氏によるもので、周辺環境との調和に配慮し、日本の季候・風土・伝統を踏まえた木と緑の日本らしさ溢れるスタジアムとなっている。国産木材を建物の内外部に積極的に利用した世界に誇れるものである。同氏の設計は、「和」の世界であり、緩やかに滅んでいく「負ける建築」と言われている。代表的な建築物として、東京の「根津美術館」「浅草文化観光センター」や秋田県の「道の駅おおゆ」などが同氏の設計である。
当社納入製品は、特注の「秋田杉障子スクリーン」で、高さ4.2叩幅2叩⊇鼎毅僑悪圓竜霏臂禹劵好リーン126枚をVIPゾーンテラスに設置する。
材料確保に困難を極めたが、秋田県上小阿仁村の協力を得ることができ、村有林である60年~100年杉を伐採しSGEC認証材として使用することができた。
製材・乾燥は地元の企業にお願いし当社が加工・製作した。
機械加工が50%、職人による手作業加工が50%の割合で製作、難しい作業であったが、やはり職人の技術が高くなければできない製品と自負している。
2020年以降、世界に何を打ち出していくかであるが、木と当社の高い加工技術によって、「人と人」「文化と文化」「地域の歴史と未来」を繋ぐ企業として前進していきたい。

秋田県能代市にある株式会社大栄木工は、木製建具や防火性に優れた木製防火戸などを製作しており、その技術は高く評価されています。
その製品はリッツカールトンやホテルオークラなどの一流ホテルや京都迎賓館、また重要文化財の神社・仏閣にも納品されています。
秋田県を代表する世界的な企業として発展されることを期待しています。
(記 栗谷侑志)

コメント
コメントする








   

ページの上部へ
【長谷部光重税理士事務所】〒010-0921 秋田市大町4-4-21 TEL 018-865-2441 FAX 018-823-5468
Copyright HASEBE GROUP All rights reserved.